大便の症状-水様便・泥状便の下痢 / 症状に対しての漢方治療

水様便・泥状便の下痢

下痢は急性下痢と慢性下痢とに分かれます。さらに急性下痢は感染性下痢と非感染性下痢に分類され、慢性下痢は機能性下痢とその他の原因に伴う下痢(潰瘍性大腸炎、クローン病、結腸癌、すい臓病、慢性消化不良、代謝異常などに伴う)に分類されます。

漢方医学では、下痢は湿熱の下痢、寒湿の下痢、食積の下痢、肝脾不和の下痢、脾虚の下痢、腎虚の下痢などに分類して治療します。

(1)湿熱の下痢

急に発症する水様便で悪臭がある。お腹がゴロゴロして痛みもあり、肛門の灼熱感、悪寒、発熱、口渇を伴う下痢です。

(2)寒湿の下痢

水様便あるいは未消化便で悪臭はない、腹痛があるが温めたり押さえると軽減する。腹満感、全身が重だるく、悪寒や発熱を伴う下痢。

(3)食積の下痢

腹痛がして下痢し、排便すると痛みは減るがしばらくするとまた腹痛がして下痢をくりかえす。便は粘稠あるいは水様性で強い悪臭のある下痢。

(4)肝脾不和の下痢

上腹部に張った痛みがあり、ストレスや緊張によって水様便になる。腹痛を伴い、げっぷや呑酸を伴う下痢です。

(5)脾虚の下痢

生もの、冷たいもの、脂っこいものを食べると軟便や水様便になり、腹部に鈍痛がある下痢。腹痛は温めたり押さえたりすると軽減する

(6)腎虚の下痢

特徴は早朝に臍周囲が痛み、腹がゴロゴロして水様便や未消化便の下痢で排便すると腹痛は楽になる。腰がだるく、尿量が多く、夜間多尿などの腎虚の症状も伴う下痢。

それぞれの原因によって異なった漢方薬で治療します。

漢方薬を使うと徐々に下痢が収まり、お腹の状態も改善されて、栄養が回るようになるので体全体に元気が出てきます。

是非、あなたに合った漢方薬で下痢体質を治し元気な腸をとりもどしてください。

2006年09月

漢方専門サイトウ薬局 店舗情報/営業時間
薬局名 漢方専門サイトウ薬局
漢方専門サイトウ薬局Google マップ >>
運営会社 有限会社日本中医学研究所
住所 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町3-10
電話 お問合せ電話番号 044-422-1234
お薬注文 専用電話(2回目以降) 044-434-2011
専用FAX(2回目以降) 044-422-1391
営業時間 AM10:00 〜 PM5:00
相談受付時間 AM10:00 〜 11:30: PM2:00 〜 4:00

※ご相談は完全予約制になっていますので、御来局希望の日時を前もってお電話044−434−2011にてご予約ください。

定休日 木曜・日曜・祝祭日  
メールアドレス info@kampow.co.jp
薬局案内 会社概要  薬局の様子  製造業の許可証  スタッフ紹介
薬局アクセス 車で来られる方  電車で来られる方  バスで来られる方  詳細地図(Googleマップ)
  • はじめての相談の場合は、必ずご来局前に電話かメールでその旨ご連絡ください。
  • 来局された患者さんとのご相談中は電話には出られませんので、ご諒承ください。
  • 1日のご相談人数に限りがありますので、ご相談を後日にお願いする場合がございます。
  • 2度目からのお薬のご注文は、漢方薬ご注文フォームからまたは、FAXで24時間・365日受け付けています。お電話でのご注文は【AM10:00 〜 PM5:00】の間で受け付けしております。ただし、お薬の発送は営業日午後3時の発送となりますのでご了承ください。
  • お薬代のお支払にクレジットカードなどはご利用できませんので予めご了承下さい。

このページのトップへ戻る >>